世界初の民生用全天球カメラを開発したメンバーを中心に発足した
リコー発のスタートアップ「ベクノス」が始動
超スリムなペン型全天球カメラの開発を発表

2020/03/10

写真:開発中の超スリムなペン型全天球カメラ
<開発中の超スリムなペン型全天球カメラ>

ベクノス株式会社ロゴ

ベクノス株式会社(CEO:生方秀直)は、株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)が2013年に世界初の民生用全天球カメラ(*)として発売した「RICOH THETA」の開発コアメンバーが中心となって発足したスタートアップカンパニーです。

ベクノスはリコーの新規事業開発の一環として積極的なオープンイノベーション、外部の知見などを活用することを主眼として2019年8月に設立されました。リコーの関連会社でありながら、リコーのコア事業とは異なる「イノベーション特区」と位置づけ完全に独立したスタートアップとして今後活動していきます。

ベクノスは企業のミッションとして、「映像体験の革命により、人々に新しい感動を提供する」ことを掲げています。ユニークな光学技術とAIを活用した画像処理技術を統合し、今まで経験したことのないユーザーエクスペリエンスの提供を目指します。その実現のために、全天球カメラならびに特殊カメラの製造・販売と、コンシューマー向けソフトウェアならびにWebサービスの作成・販売を行なっていきます。

ベクノスは現在、第一弾製品として全く新しい技術を駆使した超スリムなペン型デザインの全天球カメラを開発しています。具体的には、優れた携帯性、デザイン性を実現するために、側面に3つ、天面に1つの計4つのレンズからなる独自の光学系を搭載しています。さらに、現在開発中のアプリを組み合わせることにより、全天球カメラの楽しみ方をさらに広げていきます。

開発中のカメラおよびアプリは、今年発売・サービス開始予定です。これらを組み合わせてご活用いただくことにより、全天球カメラの本格的なコンシューマー市場拡大を目指していきます。

  • * 全天球カメラ…ワンショットで360°の静止画や動画を撮影できるカメラ

■ベクノス会社概要

名称 ベクノス株式会社 (Vecnos Inc.)
設立 2019年8月
本社 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 WeWork
開発センター 神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-3 4F (株式会社リコー新横浜事業所内)
資本金 1億円
事業内容 360度カメラならびに特殊カメラの製造・販売
コンシューマー向けソフトウェアならびにWebサービスの作成・販売
代表取締役CEO 生方秀直

| ベクノス株式会社について |

ベクノス株式会社は、2019年8月に設立されたスタートアップカンパニーです。全天球カメラならびに特殊カメラの製造・販売と、コンシューマー向けソフトウェアならびにWebサービスの作成・販売を行います。ユニークな光学技術と、AIを活用した画像処理技術を統合し、全く新しい映像体験を提供していきます。
THE VISUAL REVOLUTION COMPANY - 映像体験の革命により、人々に新しい感動を
詳しい情報は、こちらをご覧ください。 vecnos.com

| CEO生方秀直(うぶかた ひでなお) |

1989年株式会社リコー入社。商品企画、経営企画などを経て、同社の企業内起業プロジェクトを多数担当。ワンショットで360度の静止画や動画を撮影できる世界初の民生用全天球カメラ「RICOH THETA」のプロジェクトリーダーを務め、2013年に商品化。今後も成長市場と見込まれている同市場の基盤を作り上げた。2019年12月リコーを退社し、現職。 (ベクノスCEO就任は会社設立の2019年8月から)
写真:CEO生方秀直